普通の乗用車とは一味違うジムニーの乗り心地

普通の乗用車とは一味違うジムニーの乗り心地

モノコックボディに独立懸架式サスペンションのクルマが主流な中、ジムニーが他のクルマと大きく違う点。それはラダーフレームとリジットアクスル式サスペンション。

簡単に言うと、ハシゴ(ラダー)のような形のフレームにボディやエンジンが載っかっていて、左右のタイヤは1本の軸で繋がっている構造になっている。トラックなどと同じようなつくり。

まだ乗り始めたばかりで、その特徴を全て理解しているわけではないけれど、乗り心地がこれまでのクルマとは全く違うということは感じることができた。

思ったより静か

まず、車内は振動も少なくとても静かだ。一昔前の高級セダン並みかもしれない。シフトノブはブルブルと振動しているから、エンジン自体の振動が少ないわけではないと思う。3気筒だしね。

やはりラダーフレームにより、エンジンとボディが直接繋がっていないためなのだろう。エンジンとフレーム間のブッシュ、フレームとボディ間のブッシュでだいぶ振動が減衰している感じ。

路面の情報がダイレクトに伝わるというよりは、路面から自分の体までの間に距離がある感じとでも言おうか。マイルドな感触だと思う。

ギャップを越えた時の揺れ方が独特

車輪はシーソーのように片側が上がればもう片側は下がる動きをする。これは特にオフロードにおいて効果を発揮する形式ということらしい。

まだ険しいオフロードを走行したことがないので、その辺りの感想は追々書いていくとして、普通に街乗りしている時でも、ギャップを越えた時などに独特の揺れを感じた。

独立懸架式だと左右輪が別々で動くため、衝撃をそれぞれの車輪が吸収し、快適な乗り心地だけど、リジットアクスル式は、片側の動きが常に反対側にも影響するため、ふわふわユラユラする。なんとなく船っぽいというか。

もう慣れてしまったので、特に嫌な感じではないけれど。

1000km走行で慣らし終了

以前書いたように、1000kmまでは回転を抑えて慣らし運転を続けてきた。そしてついに1000km突破したので、オイル交換して慣らし終了!

これでようやく気持ちよく走ることができる。知らない道をどんどん走って記事を書いていきたい。