ジムニーの初回オイル交換を自分でやってみた

ジムニーの初回オイル交換を自分でやってみた

慣らし運転を続けてきたジムニーも1000km走行し、オイルとフィルターを交換して慣らし終了となる。(厳密には交換時940kmだった)

これまではディーラーやカー用品店で交換をお願いしてきたのだけれど、ジムニーは車高が高く、ジャッキアップしなくても容易に交換できそうなので、自分でやってみることにした。

お店だと会員になっていれば工賃無料なので、自分でやるからといって金銭的なメリットはあまりないかもしれない。廃油の処分も面倒だしね。それでも自分でやるというのは、クルマの健康状態を把握しやすいということもあるけれど、一番は楽しいからなんだと思う。

エンジンオイルに関する都市伝説?

さて、ひと口にエンジンオイル交換と言っても、これがなかなか奥が深いもので、人によってやり方やオイルの選び方も千差万別。中には真偽のよくわからない都市伝説的なものもよく目にする。

中でも気になったはこれ。

新車の工場出荷時のオイルは特別なものが入っている

新車には慣らし専用のオイルが入っているから、すぐに交換するのはよくないというもの。

今は工作精度が非常に高くなったので、そもそも慣らしは必要ないとも言われているけれど、昔は新車は1000〜2000kmでオイル交換というのは割と一般的だったと思う。アタリが付くまでは鉄粉が多く出るからだ。

僕もジムニーは一応1000kmの慣らし運転をしたわけだけど、この説が本当だとしたら、まだオイル交換はしない方がいいということになる。

さらに細かく調べていくと、以下のような説に行き着く。

  • 市販品に比べてとても高価なベースオイルを使用している
  • 摩擦を減らすモリブデンなどの添加剤が入っている(減摩剤)
  • オイルの中に研磨剤が入っていて、アタリが付きやすくなっている

実際にモリブデンを添加するというのはあったみたいなんだけど、今は市販のオイルの性能も良くなっているので入れなくなった、らしい。

研磨剤が入ってるというのは、たしかにアタリは付きやすくなるかもしれないけど、ちょっとリスキーなんじゃなかろうか。下手したら必要以上に削られてしまう可能性もあるわけで。そもそも研磨剤が入ってたとしても、フィルターでろ過されるはず。もしかしたら減摩剤(げんまざい)を研磨剤(けんまざい)と聞き間違えたとかなんじゃないかな?

本当のところはメーカーの人間でないとわからないし、まあ1000km走れば慣らしは十分でしょう。

オイル交換の手順

クルマに優しいオイル交換の考察

準備したもの

ジムニーの指定粘度は以前は10W-30だったみたいだけど、現在は5W-30になっている。どちらでも大丈夫だと思うけど、これから寒くなるし、今回は5W-30で。オイルの銘柄はたくさんあって迷ったけれど、4Lで3000円ちょいだったカストロールエッジにしてみた。

 

クルマに優しいオイル交換の考察

まずはエンジンルームを開け、オイルフィラーキャップを緩めておく。こうするとオイルの排出がスムースになる。

ポイパックをオイルパンの下に設置し、ドレンボルトを17mmのレンチで緩める。ある程度緩んだらそれ以降は手で緩めていく。普通に緩めるとオイルが溢れてきて手が汚れるので、オイルパンに軽く押し付けるようにするといい。

オイルが抜けるのを待つ間に、ドレンボルトを綺麗に掃除しておく。

 

クルマに優しいオイル交換の考察

金属パッキンは潰れることによって効果を発揮するため、使い回しはオイル漏れの原因になるから毎回交換したほうがいい。高いものでもないしね。アルミ製だったり銅製だったりするけど、どちらでもいいと思う。

パッキンをつけてドレンボルトを締める。トルクレンチを持っていないので締め付けはカンで。常識的な力で締め付ければ大丈夫だと思うけど、本当だったらトルクレンチを使ったほうがいいね。ちなみに締付トルクは49N・m (500kgf・cm)

次はフィルターの交換。

 

クルマに優しいオイル交換の考察

もともと付いていたのは『16510-84M00』という品番のフィルター。事前に調べた範囲では『16510-81404』が付いていると思っていたんだけど、最近変更になったのかな?84M00はショートタイプでとても小さいフィルターだ。

オイルフィルターレンチで緩める。結構キツく締まっていて、緩めるのになかなか苦労した。これもドレンボルトと同じく、ある程度緩んだあとは手で緩めていく。

ジムニーはオイルフィルターの直下にホーシングがあるため、そのままだとオイルまみれになってしまう。ダンボールでカバーするか、ビニール袋で包みながら緩めるといい。

 

クルマに優しいオイル交換の考察

フィルターを外したところ。布などで綺麗にしておく。

新しいフィルターのOリングに薄くオイルを塗ってから装着する。手で締めていって回らなくなったら、レンチを使って3/4回転締め付ける。

新しいオイルを入れてエンジンをかけ、漏れなどがないか確認。エンジンを止めて少ししてからオイル量をチェックして、足りないようだったら補充。フィルターを交換した場合で3L、オイル交換のみで2.8Lくらい。

次回のオイル交換に向けて

今回やってみて学んだことがいくつかあった。

ジムニーは車高が高く、ジャッキアップしなくてもオイル交換できるけれど、体勢はなかなか厳しい。キャンプ用の銀マットを敷いておくと、滑りがいいので体勢移動も楽なのではないか。銀色なので光が反射して車の下が明るくなるというメリットもありそうなので、次回試してみたい。

オイル交換をして一発目のエンジン始動の時に、一瞬エンジン音が変わったことに気がついた。おそらく新しいフィルターにオイルが行き渡るまでのタイムラグによって、一瞬油圧が下がったためではないかと思う。ほんの2秒くらいのものだけど。これを少しでも軽減するためには、新しいフィルターにあらかじめオイルを充填しておくといいかもしれない。