筑波連山を縦走し絶景に出会うUnseen Road【北筑波稜線林道】

筑波連山を縦走し絶景に出会うUnseen Road【北筑波稜線林道】

子供の頃、山と言えばそれは筑波山のことだった。
どこまでも真っ平らな関東平野にあって、ひときわ存在感を放つ。
たしか生まれて初めて登ったのも筑波山だったはずだ。

もちろん大人になった今でも、家から割と近いこともあって度々訪れている。しかし、それほど身近な山であるにもかかわらず、筑波山神社周辺やパープルライン以外はあまり知らないことに気がついた。

ジムニーに乗らなければ知ることもなかった道

気になって調べてみたら、林道もたくさんあるようだった。ジムニーに乗らなければ気にもしなかったであろう道だ。

これまでは「道路=アスファルトで舗装されたもの」という認識が強かった。当たり前だが、そうではない道もたくさんあるわけで、クルマを変えたことによって道の選択肢が増えたのを実感している。

新車の慣らしを終え、オイル交換したジムニーで、早速筑波山林道へ向かったのだった。

筑波山とジムニー

林道沼田新田酒寄線

林道沼田新田酒寄線

筑波山の西側、わんわんランド近くから県道42号線で上るルートで、最初に通ることになる林道が「沼田新田酒寄線」
梅林の横を抜けて北上していく道だ。

 

林道沼田新田酒寄線

梅林には何度か行ったことがあったので、この道も通ったことはある。
しかし、この日は台風の直後ということで、いつもはほとんど水のないところが滝のようになっていて驚いた。

 

林道沼田新田酒寄線

台風の影響で枝などが散乱していたけれど、全面舗装路で基本的に走りやすい道だ。梅祭りの時期は車両通行止めになるので注意が必要。

そういえば昔、深夜に通ったことがあるのだけど、「カーブミラーの上になにかいる!」と気づき目をこらすと、なんと野生のフクロウ!これにはびっくりしたなぁ。イノシシも歩いていた。筑波山にはまだゆたかな生態系が残されているのだ。

 

鬼ヶ作線との交差点

しばらく上ると筑波山の北側を東西に走る「鬼ヶ作線」に接続する交差点に差し掛かかった。ところがまさかの通行止め。(2017年10月時点)残念だけどまた今度来ることにして、一旦つくし湖の方へ降りることにした。

僕にとってここから先は一度も通ったことのない、まさにUnseen Road。

椎尾山 薬王院

椎尾山 薬王院

つくし湖に向かう途中に現れるのが椎尾山 薬王院。1200年以上の歴史を持つ天台宗の古刹だ。樹齢500年とも言われる椎の巨木群生地でもあり、神秘的な雰囲気に満ちている。

 

椎尾山 薬王院

文化財の宝庫でもあり、仁王門、本堂、そして県内に3つだけ現存する三重塔のひとつがある。施された細かな彫刻。遙か昔の職人たちの技に舌を巻く。

 

椎尾山 薬王院

 

あと、門の横にあるわらじは超デカい。

椎尾山 薬王院

北筑波稜線林道

北筑波稜線林道

つくし湖から一旦県道41号線に出て北上。真壁消防署前を右折し、県道7号線へ。しばらく道なりに進み、上曽峠から「北筑波稜線林道」へと入る。きのこ山や加波山などの稜線を走り岩瀬へと抜ける林道だ。

この林道は3つの区間に分かれており、上曽峠の南側、湯袋峠までが第1区間なのだが、どうやら車両は進入禁止のようだった。

 

北筑波稜線林道

「北筑波稜線林道」も基本的に舗装路で、四駆でなくても通行することは容易。ところどころ路面が荒れている部分があるので注意は必要だが。

 

北筑波稜線林道

途中に展望が開けた場所があり、ハングライダー、パラグライダーのテイクオフポイントになっていた。

 

北筑波稜線林道

西側に真壁の街、東側に石岡の街を見下ろす。日が傾いてきて、街には明かりが灯り始めていた。明かりの数だけ人の営みがあって、それはとても尊いものだなとあらためて思う。普段は自分もその中にいて見失いがちだけれど、たまにこうして高いところに来て、儚さや尊さを感じるのもいい。やりたいことをやって、精一杯生きなくてはと思うのだ。

一本杉峠

一本杉峠

さらに北上すると一本杉峠へ出る。
県道218号線と交差する十字路になっているのだが、この218号線、特に真壁側はむやみに踏み込まない方がいいらしい。通行不能の標識のとおり、普通のクルマではとても走ることはできない超悪路となっている。

たとえジムニーであっても、ノーマルの状態では走破できないほど。リフトアップなど改造を施したジムニー乗りの遊び場となっているようだ。

そういえばここに来る途中、なかなか気合いの入ったジムニー集団とすれ違ったのだけれど、もしかしてここを走ってきたのだろうか。

辺りもだいぶ暗くなってきたので、というか、この先が工事中で通行止めなので、今回の冒険は一旦ここで終了。続きはまた今度にして、来た道を引き返した。

まとめ:はじめての筑波山林道

冒頭でも述べたように、子供の頃から身近に感じていた筑波山。でも、まだまだ知らない面がたくさんあるのだな。
それをジムニーが気付かせてくれた。

知らない道を走るのはドキドキする。ジムニーとだったらこれまで行くことのできなかった所へ行ける。そんな気がした。